どうもozです。

先週の日曜日、服部緑地にドローンを飛ばしに行ってきました。

エンジニアTと待合せをして行ったのですが、Tと合流するまで公園のベンチで待っていました。が、日曜日の午後にドローンをいれた大きな紙袋を抱えたオッサンが一人で公園をウロウロしてはいけません。事案発生です。

無事にエンジニアTと合流後、広いところを探してウロウロ30分。ようやく人が少なく、ひらけたところを発見しました。
当地の天候は快晴。気温は26℃。北からの微風。絶好のドローン日和です。

早速セッティングをしてテイクオフ!
と思ったら謎の墜落。

離陸直後に地面すれすれを左へ左へ流れていき、芝生から(園内の)道路に出そうなところで地面に当たってひっくり返りました。

何度やっても同じことが起こります。そこで一つ目の電池が力尽きました。はやい。ここまで約10分です。
2つ目の電池でも状況は変わらず。なんとなく手から離陸させた時に事件は起こりました。

私の手を離れたドローンはすごい勢いで上昇し、またも左へ左へ!一気にコントロール不能に!
離陸からコントロール不能までの所要時間は約2秒。
メーデーメーデー!

↑制御不能のドローンのカメラが偶然捉えた、コントロール不能に陥った瞬間の私とエンジニアT。悲哀に満ちた姿がそこに。

コントロールを失ったドローンは森の中の木に突き刺さっていました。森の中で長い棒を拾って投げたり、枝を揺らしたり、野球少年であった頃を思い出しました。

無事にドローンを回収したあと、ちょっとだけ飛ばして帰りました。
爆笑はしましたが、コレジャナイ感は半端ないです。

きっとたぶんプロポの電池が原因かもしれないんじゃないかとおもう。

また飛ばしに行きます。どこかの公園で怪しげなオッサンらが左へ左へ進むドローンを飛ばしていたらお声掛けください。私たちかどうかは知りませんが。

Pocket