• このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして!iwです。
ソフトウェアエンジニアたるもの、常に最新の技術動向にアンテナを張り巡らせ日々の業務に取り入れていきたいと思うもの。これはもはやサガというやつです。
そこで、今回ご紹介する最新技術はこちら!

水漬けパスタです。

こことかそことかあそことか紹介するまでもなく、水漬けパスタを褒め称える美麗字句のオンパレード!
いわく、「生パスタのような食感!」「調理時間が短縮された!」まさに夢のソリューション!家庭料理界のラムダ式といった様相です!
そこで早速作ってみました。できあがったのがこちら!

DSC_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、マズイ!
何これ、マジ、ありえねーって感じ?
なんつうかさぁ、こう、ウニャウニャなんだよね?

・・・失礼。つい、東京弁が出てしまいました。しかしそれくらいウニャウニャなんですよね。

ああ、わかってる。これが生パスタのような食感だというんだろ?

いいや奥さん。あんたは正しいよ。あんたの書いたレシピによる水漬けパスタで、笑顔こぼれる素敵な食卓を演出したんだろ?何も間違っちゃいないさ。

しかしね、これだけは言っておきたいんだ。いいか?

「炒めるな!」

「マカロニを使うな!」

あと

 

「塩を使え!」
ここまで言ってもなお、水漬けパスタの魅力に取り憑かれている人の耳には届かないでしょう。リアルで作り出す前にもう一度だけ考えなおしてほしい。
「それ、50グラムくらいで試してみる気はありませんか?」

普通に、普通にさえやればあのおいしいパスタがあなたの食卓に並ぶのです。それをむざむざ冒険の場に引きずり出す意味が本当にあるのか、そう世の中に問いかけるためにこの場を借りて申し上げているのです・・・

ここまで読んでいただいたあなたにとっておきのレシピをプレゼントしましょう。湯を沸かす。塩を入れる。マカロニを入れて茹でる。ミートソースを炒める。そこにマカロニを入れる。仕上げにタバスコをドバっと投入。

これだけ。これだけで鉄板料理の完成だ。茹でずに作ればご覧のありさま。

最新技術にはそれを正しく使うという見えない前提が存在します。これまでの常識は通用しない。それでも果敢に挑むだけの価値はあるはずだ!
そう信じるからこそ、考えるきっかけとしてこの記事をしたためたものです。

Pocket