• このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。トラストのozです。

「企業は人なり」って言いますよね。その通りだと思うんですが、零細ソフトハウスにとっては実はもっと生々しくて、人の数と収益がほぼ正比例しちゃいます。売上や利益を伸ばすためには人を採用しないといけない。

ま、そんなことはみんな分かっているわけで…一生懸命採用活動をするわけやけども、なかなかこれが難しい。利益がいーっぱい上がっている会社は採用活動にもお金をかけられるので、有料媒体の「り〇なび」とか、人材紹介のなんとかエージェントとかにバンバン情報を出していく。ところがこれ、思っている以上に高い。

で、うちのようなところは、ハローワークであったり、無料の媒体を使うしかない。今は。ところが、今日の段階で「ハローワークインタネットサービス」を使って大阪府&情報通信業で検索してみたところ、2879件ヒットするorz。に、にせんはっぴゃく…

で、内容を見てみたところ、フムフム…

どうやらウチと同じような人を欲しがっているらしい。とりあえず、同じような内容で掲載をお願いしてみる。この、求人依頼票がなかなかのクセモノで、真面目に書くと10分や20分はかかってしまう。

うーーーーーーーーめんどくせーーーーーーーー!

で、なんとかかんとか書き上げて、ハローワークに持参。今の事務所からは近いから助かる!
それから、ハローワークのおっちゃん職員さんの疑いの眼綿密なチェックを退けてようやく掲載。
3日ほど経った時に、FAXが届いた。
「VB、NETのエンジニア募集」…え?VB、NET?VBとNETのエンジニアを探してるみたいになっとるやんけー
で、NETって何やねん。
速攻ハローワークに電話して修正をお願いした。「いやぁ専門用語は分からないものでねー」とは、おっちゃん職員の言葉だ。まぁしゃーない。FAXチェックはたぶん、欠かすことはできない。

ま、そんなこんなでハローワークに求人の掲載も無事に終了。とは言え、1/2879やからね。
次からは如何に目立たせるか、応募したいと思ってもらえるか、そこに重点を置いて工夫してみよう。

Pocket