今さら感はありますが、スマートウォッチを使い比べてみました。
今回使った機種は以下の2つ
・Moto360 2nd gen
・SmartWatch3

選んだ理由は、
時計はやっぱり丸いのがカッコいい!(けど中国製はイヤ) → Moto360 2nd gen
自分の携帯がEXPERIA → SmartWatch3
…と言ったところです。

両方使ってみた率直な感想…なくていいんじゃね?使い方次第ですね。

今さらここでスペックを紹介するのも面倒くさい釈迦に説法ですので、省略させていただきますが、2機種ともAndroid Wear端末です。

つまり、ぶっちゃけアプリ次第なんです。

違いと言えば、Moto360 2nd genには「心拍センサー」がついています。
そう、装着している間に心拍数をはかってくれる。うん、いらない。
ふーん…てなもんです。
Moto360 2nd genは現在の価格で、SmartWatch3が1.8台ぐらい買える金額なのですが、心拍センサーの価格だと思ったら正直高い。
きっと「丸い」と言うことに価値があるんだと思います。

さて、両方の時計をつけて生活してみましたが、とても便利な点があります。
「通知」です。外回りの多い私は、歩いている時の着信を逃してしまうことが多々あります。
スマートウォッチをしてると、取り逃がすことは皆無になりました。手首でプルプルなるので、すぐにわかります。
ハンズフリーのイヤホンマイクを併用すれば、時計で着信を確認、イヤホンマイクのボタンをポチっで電話に出られます。

ひょえー なんちゅうスマートさ!

もう、これに尽きると言っても過言ではありません。
ただ、ハンズフリーのイヤホンマイクをして歩くのはちょっと恥ずかしいし、これも良く選ばないとマイクの性能にかなり差があります。

あとは、音楽の再生時に曲を飛ばしたり戻したり、音量をかえたり…Googleカレンダーに登録した予定の通知をしてくれたり…メールやが来たことを教えてくれたり(読めない)…だいたいそんなことが出来ます。

AndroidWearの端末を使う限り、出来ることにほとんど差はありません。
そう言う意味で、SmartWatch3のコストパフォーマンスは素晴らしいし、丸い筐体に収めたMoto360 2nd genは時計の美しさを損なわずにスマートウォッチの利便性を実現してるのもアリだと思う。

SmartWatch3の充電がやりにくかったり、Moto360 2nd genの文字盤の端の黒いのが結局気になったり、色々思うところはありますが、一長一短、見た目の好みで選んでもいいのかなと思います。
…個体差なのかも知れませんが、動作はSmartWatchの方が圧倒的に安定しています。理由は分かりませんが。

でもね、結局はアプリ次第です。
今後の発展に期待したいのと、なんか思いついたら作りたいですね。
企画の持ち込みも歓迎します。ウチのデバイスつこてください。

Pocket