• このエントリーをはてなブックマークに追加

201603toukei
どうも。地震速報ビビりましたね。
今月もやりますよ。統計。先月1か月間に集めてきた案件の「要求スキル」を勝手に決めた属性に分けて統計にしています。

3月の統計の元になる案件総数は366。そのうち最多はやはり「Java PG」の41件。2番目が「Java SE」で20件。相変わらずJava案件が他を圧倒しています。この統計を始めた1年ちょっと前、上位13個の属性で「その他」がだいたい40%になるようにグラフを作成したんですが、今月はなんと「その他」が50%になっています。それだけ、様々なニーズがあると言うことですね。
Javaに続くVB.net、C#、VC++あたりは大体いつも通りの位置づけですね。5%とは言え、20件弱の案件がありますのでかなり不足感があります。今月は制御・組込みの案件が少し多くC言語、C++のニーズが高まっています。COBOL案件は3月初頭に少し出回っていましたが、中旬からあまり見かけなくなりました。聞こえてくる話では、各社応募が殺到したため控えめに動いているとのこと。それだけCOBOLエンジニアのリリースがあったと言うことでしょうね。若干ですが、サーバー構築や運用保守のニーズが高まっています。

その他の内訳はキリがないのですが、「COBOL SE」「業務SE(販売管理)」「C言語 SE」「AccessVBA」「ABAP PG」「サーバー設計」「Java(Android) PG」等が上位を占めています。これは年度替わり時期特有のSEニーズの高まりと見て良いと思います。ABAPとAndroidはちょっとびっくりしましたが。いずれにせよ、「その他」が50%を占める状況です。ここに書ききれない「え?それ?」と思うニーズが出てきています。ちょっとマイナーなスキルをお持ちのエンジニアにとっては今は良いかも知れませんね。

Pocket