• このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月の案件統計

みなさま、ボチボチ梅雨入りしそうですが、湿度で足腰痛んできてませんかー?
5月の統計、出しときますねー。お薬か!
…まぁほっといてください。関西人ですからたまにこういうテンションになるんです。

5月の案件総数は409。おかしいなぁ、減ってる感じするんやけど、増えてます。この感じ、先月と同様です。
つまり、「決まりにくい」「業界の動きがにぶい」と言う感覚とは異なり、案件そのものは増えているようです。

内容はと言うと、何カ月連続なんでしょうか、Java PGさんがやっぱりトップ。それも、2位を3倍ちかく引き離してのトップです。
とんでもないですね。Javaのエンジニアは当分くいっぱぐれないですね。で、VB.netが続いて…
な、な、なんと!C言語先生が復活の3位です。内訳はと言うと、和田岬、三田、猪名寺でおなじみの某社が圧倒的に多く、新大阪、
姫路、和歌山、京都など各地で出てきています。
C#、PHPが減少気味のようですね。案件が少ないと言うことは、裏を返せばエンジニアが見つかりやすい傾向にあるとも考えられます。
これらの開発言語を主とするお客様をお持ちの営業さんはチャンスかもしれません。

あと、2%づつですが、見慣れない「要件定義」「基本設計」と言う文字が出てきています。
これは、「開発言語はいいから、要件定義・基本設計の経験のある人を探しています」と言う案件です。
春先らしいニーズですね。これらのニーズは比較的年齢制限が緩い傾向がありますので、ベテランさんも踏ん張り時ですねー

Pocket