どうもみなさんこんにちはー。
やってまいりました毎月恒例の統計のお時間。え?毎月やってないじゃないかって?
毎月やってないどころか、かれこれ半年やってません。
で、少々改良して再登場しました。これまではJava SEとかJava PGとか言語と職種をセットにしていましたが、完全に分けました。
あと、案件によっては「JavaまたはC#」等と複数の言語のニーズがある場合があります。以前はより重要な方を数えていましたが、今度は全部数えています。
より実態に近いニーズが拾えるかな…と思っています。

さてさて、中身を見てみると2月は558案件ありました。
言語ニーズは以前と変わらずJavaがダントツの22%。2位のVB.netの2倍のニーズがあります。
今回特徴的なのはC++が7%、C言語が6%あるところでしょうか。7%といっても47件ありますので、相当な量です。
内容を見てみると、やはり神戸方面が多いようです。大きな偏りはなく車載器、鉄道、電話、サイネージ…と多岐にわたっています。
あと、SQLの経験を求める案件が非常に多いことが分かりました。SQL苦手な方多いようですけどね。

一方、職種(と言う呼び方でいいのかどうか分かりませんが)はと言うと、それはもう圧倒的にプログラマーでした。
SE/PGと言うのは、便宜上、基本設計等の上流工程から参画して製造やテストにも作業者として加わると定義しています。
ここで分かるのは、我々中小ソフトハウスに求められるのは、やはり製造工程のお手伝いをすると言うことかなと思います。
上流工程を担当するSE職のニーズはわずか3%でした。

あと、おまけですが、作業場所の最寄り駅で先月一番多かったのは、なんと「新大阪」でした。
いろんな理由が考えられますが、それを考え始めたら夜も…よく眠れます。

Pocket