門真運転試験で1発合格したときの話

みなさん、こんにちわ。

 

広報担当の

 

はなちゃんです!

 

 

社内で、【今年の抱負を述べよ!】とお達しがありました。

ですので、ブログでこっそり述べたいと思います。
(社内では、恥ずかしいので…報告しないタイプですみません)
→ブログの方が全世界に見てもらえる可能性高いのに、
いったい何をやっているんだという広報担当。

今年は、男の子の母親になるので、
1.料理ができる女になる(子供と旦那さんの胃袋つかむ女になる)
2.女磨きを忘れない(ちびダーリン(息子)が見てると思って綺麗でかわいいお母さんへの追及)
3.頑張りすぎない!(むやみやたらに『頑張ります』宣言はしない)

以上。下心が強めな今年の抱負でした!

では、ブログをどうぞ↓↓↓

 

 

 

 

近々、新しく入社される方の社員証明書を

 

上司のnabeさんが作っていた時の話です。

 

「はなちゃん、(運転)免許いつとったの?」と聞かれたので

 

「2年前ぐらいです。門真運転試験会場の飛び込み試験で1発取得してきました」と話すと

 

ビックリされた様子で

 

「えぇ!ブログにしてよ」ということでしたので、ブログに書くことにしました。

 

 

※私が取得したのは、「普通自動車(AT)運転免許」です。

 

 

2年ほど前に、(車の免許が欲しいなぁ。)と思ったのがきかっけです。

 

運転合宿に通う方法もあるけど、自由が拘束されてしまうのも嫌だし…。

 

仕事もしていたので、その期間お休みいただくのも困るし…。

楽したところで公安委員会の方も私の運転さばきに納得していただけるような運転ができたらいいな…と

 

安易な理由です。(もうそこまで、深く考えてない人間なので)

 

 

春~夏頃あたりに資格の取得取得に向け、動き出したんですけど

 

費用は、トータル25万弱(訓練費用+試験費用)で済みました。←記憶ではそれぐらい。

 

練習では、当時自宅近くのボロボロの乗り放題教習所に数回通いました。

 

途中で、教習所の車が故障して乗れなくなったりとトラブルもありましたが、なんとかなりました。

 

門真運転免許試験会場は、全国でも5本の指に入るほど

 

厳しい試験場だと試験終わってから聞きました。

 

そこで、仮免許(筆記試験、実技試験)&本免許(筆記試験、実技試験) を受けました。

 

 

 

【実技試験について】

 

「運転上手なんや」と思われるかもしれませんが、

 

上達するには

 

マリオカートで練習する(←これが1番の英才教育かも)か、

 

スマホゲームのコールオブビューティの車に乗っての

 

イメトレが一番わかりやすいかと思います。(死なないですから!)

 

そして、危険な運転の参考に

 

YouTubeで公開されていた、車運転での事故動画を見て、

 

危険察知能力を高めたりすることも意識しました。

 

 

門真試験では、公安委員会の方が隣に乗っておられます。

 

ですので、緊張もされる方も多いとは思いますが

 

個人的には、声に出して「○○します。」「○○確認良し。」等

 

《声だし→動作》で進めていきます。

 

公安委員会の方が見落としする可能性もあり得るので

 

その点の減点阻止を意識しました。

 

公安委員会の方も、人間なので見落としもします。

 

「やった!」「やってない!」となるよりも

 

この方法は、自分にとっても相手にとっても良い方法だと思います。

 

たぶんうるさい人だと思われる可能性ありますが。

 

1回きりのご縁だと思えば、

 

恥ずかしくもありません。

 

公安委員会の方が逆に応援してくれていたので

 

 

最後まで味方にさせることが重要です。

 

(どうやって味方にさせるのかは内緒。)

 

 

 

 

 

【筆記試験について】

 

こちらは○×100問でした。(たぶん)

 

だいたい試験にはいくつかパターンが用意されてます。

 

過去問で対策しました。

 

私は、携帯アプリの筆記試験問題や

 

通っていた教習所の試験集を見て

 

同じパターンが何度か起きていることに気づいて

 

そこについて勉強しました。

 

最悪わからない問題でも、○か×のどちらかですので

 

書いたら正解という事もあります。

 

 

諦めないことが対策です。

 

試験当日でも似たような問題ばかりでしたので、

 

なんとかなりました。

 

あとは、”運” 次第だと思います。

 

こんな感じですが門真運転免許試験についてまとめました。

 

今後、車の免許取得を考えている方は、

 

参考にしてください。

(結論:はなちゃん経験は参考になるかわかりません。)

「なかなか、やるでしょ?」

 

Pocket