ラズベリーパイでやってみた?! ~第3章 入力しよう~ part4 3章完結編

<第3章 入力しよう part4 3章完結編>

ハードもちょこっと解るオッチャンの投稿…
いよいよ3章のまとめと行きましょう。

1 ラズパイの設定
2 ラズパイで入力を取る
3 CdSでの光感知

これらをまとめると、

「明るさを使ったON-OFFをラズパイで取る。」

まずは回路を触りましょう。

パート2の回路より。

手押し入力を、電気的な入力にかえるには、
幾つかの方法があります。

まずはトランジスタで検討…

パート3回路のそのまんま…ですね。
これでもいいのですが、
複数のセンサーをつけて、さらにラズパイの供給電力では、
ラズパイが電力不足を起こしかねませんので、
厳しそうですね。
この回路で外部電源にすると、ラズパイの電源と共通となるので、
ラズパイを故意に潰す回路とも言えます。

また、ラズパイの電源を使わずだと、
GPIOの入力だけ取ることもできないので、
複数のセンサー入力するならば、
この方法では無理な感じですね。

次にリレーで考えてみましょう。

パート3の回路の何処かにリレーをつけましょう…
ちなみに「LED+抵抗B」に流れる電流は

最大で 50mAほど。

これではリレーが駆動できません。

抵抗Cをリレーに変えようも、同様の理由で駆動しません(汗)

「さ~どうしよう…」

考えた末…

「最大50mA…フォトカプラか!」

と閃いたオッチャンがその回路を書いてみました。

センサー側は別電源で供給するので、
ラズパイの電力は安心。
つまり、ラズパイ側は、パート2の回路そのままとなります。
10セットつけてもビクともしませんね。

さっそくブレッドボードで組んでみましょう。
目視確認用で330Ωの処にLEDをつけています。

まずは、GPIO(センサー入力)の場所に電圧計をつけて
入力電圧を確認しましょう。

あれ、電圧が下がりきりません・・・

おっといけね・・・フォトカプラの抵抗値を見てなかった・・・

フォトカプラがONしている時の抵抗値を調べましょう。

143Ωと計測できました。

個体差があるとして、150Ωで計算しましょう。

これでは分圧の計算が崩れていますね。

分圧を正しくするなら、
抵抗A・・・1.5KΩ
抵抗B・・・15KΩ
抵抗C・・・フォトカプラの抵抗150Ω

改めて電圧を測りましょう


OFFの時 約4.5V


ONの時 約1V

これでOKですね!

では、いざラズパイでのポーリング入力確認!

ちゃんと取れましたね。

これにて 第3章はミッション・コンプリート!

ご拝読 ありがとうございました。

Pocket