面接で見ているところ

 

 

みなさん、こんにちは!

 

はなちゃんです。

 

※営業アシスタント・広報などのお仕事の傍ら

 

採用アシスタントとしても

 

お仕事させていただいている“はなちゃん”です。

 

 

 

 

ここで最近気になったことをお話しようと思います。

 

というのは

 

【面接でみているところ】です。

 

 

 

 

 

どうしてこのお話をしようと思ったのかというと

 

私も1.5カ月前に就職活動をしていて、

 

今の会社に採用していただけることができました。

 

面接って気がしんどくなる気持ち(落ちたらどうしよう。へこむな。)

 

も覚えてます。

 

 

 

 

 

何十人もスペシャルな方が1つの椅子にかける思いは

 

とってもハードル高いな…と弱気になりながら

 

なんとか幸運なことに

 

書類選考、面接1次、2次と突破することができました。

 

 

 

 

 

私のお仕事の採用アシスタントでは

 

求人募集、面接準備、採用等のお仕事をします。

 

応募書類もすべて目を通してます!

 

応募者の中には素敵なコメントや会いたいなと思わせてくださる方も

 

たくさんいます。

 

ほんとにうれしいですし

 

全員採用したいですよ。ほんとに…。((´;ω;`)ウゥゥ)

 

 

 

お仕事をしていくのにあたって

 

1次面接に進む人(高確率で)、書類選考で落選される方

 

応募書類ってすごく振るいに掛けられやすいことに気づきました。

 

 

 

 

今回お話する内容が、100%これで受かる!!大丈夫!

 

は言えないですけど

 

※確証がないので

 

「あ。この人…」というのが「この人採用したい!」となるように

 

思い出していただけたらなと思って

 

恐れ多いながら先輩の話も混ぜつつお話します。

 

 

 

 

【 面接で見ているところ 】

 

1,求人でわからないところがあれば事前に確認を取っているか?

 

→応募しても応募者と企業の求めているものにズレがあって困るパターン

→採用しても確認を取るということができておらず、

大きなミスをしてしますのではないかと考えてしまうパターン

 

2,封筒の文字(宛先等)が間違ってないか、読める字であるか

 

→適当に書きすぎ!文字が読めなくてやる気も何も感じないパターン。

字が汚いんです。という方でも一生懸命さは伝わるから大丈夫ですけど

ほんとにやる気0ですよね?って察知する

 

3,必要書類が足りてない、必要情報(住所、メアド、電話等)の記入なし

 

→どうやって連絡を取ればいいのか不安になる。

 

4,「(弊社が)教えるのが当たり前でしょ」「未経験だから(弊社で)面倒見てよ」と

面接時に当たり前のように話される

 

→気持ちはわからなくもないけど、他人任せすぎる。

 

 

 

ざっとそんな感じでしょうか。

 

1から4までの意味が分かった人は

 

こちらの意図が理解していただけてると思います。

 

少しでもご自身にとって

 

より良いお仕事に就くことができるように願ってます!

 

Pocket