私とトラスト

はじめまして!システム部の Yuki と申します。
今回初めてブログを投稿します!

いつも弊社のブログをご覧くださり、ありがとうございます。

私は昨年の5月にエンジニアとしてトラストに入社しました。現在、データ連携ツールを活用した
製造現場向けの帳票作成システムや生産管理システムの開発を行っています。

実は私、システム開発のお仕事をするのはこれが初めてなんです。
この先ちゃんと仕事についていけるのか!?という不安の中、
採用面接時に自分の意気込みが伝わったおかげか、何とかエンジニアとして採用していただけました。

今日は、そんな私がなぜトラストへの入社を志望するに至ったかを書きたいと思います。

 

 

 

・扱っている仕事のバリエーションの多さ
弊社はハローワークを中心に求人情報を出させていただいております。
私自身も仕事探しにおいてハローワークの求人検索システムを活用したのですが、
そこで目に入ったのがトラストという会社。
組み込みからスマホアプリ、要件定義から運用までといった
幅広いプログラミング言語、様々な工程の求人が出ていました。
エンジニアとしては新しい事柄の習得に興味津々。トラストなら、様々なチャンスがあると思いました。

・温かな雰囲気のホームページにひかれた
弊社は、広報の一環として、ブログや Twitter での情報発信に力を入れています。
当時応募者としての立場から見て、和気あいあいとした雰囲気を感じていて、実際に入社してみると
人間味にあふれた方ばかりで、個人的な悩みにも親身になって相談に乗ってくださいました。
→ このエピソードは、後半で詳しく述べたいと思います。

今では自分がこうしてブログを執筆する立場になっているのだと思うと感慨深いものがあります。

 

 

・・・

ここからは、入社してからこれまでの歩みについて書きたいと思います。

初めに書きましたように、現在、データ連携ツールを活用した
製造現場向けの帳票作成システムや生産管理システムの開発を行っています。

技術的には、データベースの情報を帳票に出力するために SQL を用いて様々な加工を行います。
複雑な副問い合わせやウィンドウ関数が使えるようになったりと、SQL のスキルが向上しました!
今後の課題は、より効率のよいクエリの書き方の習得があげられます。他にも、
帳票閲覧のための社内ポータルサイトの構築や E2E テストを JavaScript を用いて行っています。
SQL と JavaScript とでは、頭の使うポイントがちょっと違うところが面白いなと感じています。

週次ミーティングでユーザーさんと仕様の確認や調整を行い、それに基づいてシステムを開発します。
ありがたいことに開発の部分は自分に任せていただいており、スケジュール通り順調に進んでいます。

 

しかし、こうしてスムーズに仕事が進められるようになるまで、特に初めの1、2ヶ月は
本当に厳しい道のりでした。仕様書を読んだり設計書を書いたりしたことがないのに加え、
SQL も本当に基礎的な部分しか知らなかったため、何をどう進めていけば良いのか全く分からず
完全に迷子の状態に。。。

 

 

あまりに困り果てたあげく、営業の nabe さんに社内チャットで相談。
直接会って話をしたいということで、事務所に呼び出されました。仕事後、直行!
そこで、今の状況、何に困っているかなどを説明。。。

色々打ち明けた結果・・・
「分からないからといって、卑屈になる必要はない」「大丈夫、君なら乗り越えられる」
といった有難いお言葉を社長、エンジニア長、営業の方などに掛けていただきました😭
この事は自分の背中を強く後押しするものとなりました。

その後、同じ現場に配属されているT先輩も駆けつけてくださいました。
(T先輩は後日、SQL の書き方などのアドバイスをしてくださり、本当に感謝しています。
先輩の教え無しでは今の自分はあり得ません。ありがとうございました)

それからというもの、試行錯誤の毎日!
帳票作成プログラムを通じてあーでもないこーでもないと SQL と格闘し、だんだんと理解も深まってきました。
そしたら今度は Web ポータルの開発の話になり、デザインセンスが無いながらも「こんな使い勝手ならどうかな?」
と動作確認しながら CSS や画面遷移ロジックなどを調整。

ようやく形になってきて、開発依頼されたものはほぼ完成に近づきました!

・・・

入社から9か月たった今、確実に言えるのは「9か月前より出来ることが増え、何より自信がついた」です。
あの頃は1歩目が踏み出せていなかった。
しかし踏み出してみたら、様々な挑戦の可能性があることに気づきました。
そして、「どうすれば仕事にしがみ付いて行けるか」から「この仕事で他に何が習得できそうか」と
視座が高くなりました。

 

 

大いなる1歩を踏み出す手助けをしてくださった皆様に感謝いたします。

「私とトラスト」はこれにておしまい!
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
ゆくゆくは、エンジニアらしく技術的な内容のブログも書いていく予定ですので、お楽しみに!

 

Pocket