『俺が若い時は・・・』というくだり

皆さんこんにちは~♪

トラスト営業担当兼採用担当のnabeです。

 

 

三寒四温を感じる季節になりつつありますね。

日本で言う三寒四温は2月から3月上旬にかけての時期を指し、

春の移動性高気圧(暖かい空気)と低気圧(冷たい空気)が交互に日本に影響するからこうなるそうです。

まぁ、難しく考えなくとも徐々に暖かくなっていくものだという認識で良いと思います。

 

 

さて、そろそろ本題の『おれが若い時は・・・』ですが、

 

先日、社内での会話でこんな感じの会話がありました。

 

先輩A「昔、コイツが現場に出る時にExcelやった事無いって言うから教えてやったんやー」

先輩B「そうそう、現場でやれるって言ったから死ぬ気で覚えて使えるようになった・・・」

先輩B「おれが若い時はこんなん当たり前で~」

若手メンバー全員「アハハハ…」

 

確かにこれも一理あります。

現場で言ったからにはやらなくてはいけません。

有言実行ですね。

 

まぁ、実際はやった事が無い事は素直にやった事ないって言いましょう(笑)

その上で、前向きに調べながらでも対応していけるよう頑張ると意気込みを伝えればOKです。

 

おっさんあるあるで、

この『おれが若い時は・・・』ってくだりですが実際に使っている自分がいてドン引きしたことがあります。

若い時はそんな話をする先輩に対して『めんどくさ』って思ってましたから(笑)

 

確かに嘘ついてまでやる必要はないですが、

コミットして、そのコミットしたことに対して前向きに取り組んでクリアしていくのは、

ものすごく重要なことです。

 

特に、これからエンジニアをしていきたい業界未経験の方や、

経験の浅いPGの方。

一度、何かをコミットしてそれを実践し、

やり遂げてみて下さい。

 

壁は高く深い谷もあるかもしれません。

頑張って乗り越えましょう!

 

明けない夜は無いので!!

 

Pocket