嘘の辻褄合わせ

どうも、お湯です!

 

今回はタイトル通りなんですけど。
嘘をついたことは皆さんあると思います。
ないという人はいないと思います。むしろそれ自体が嘘になるんじゃないかなと。

嘘をつく=悪い事 とはお湯は思っていません。

世の中には優しい嘘というのもあると思っております。
なので、全てが悪い事とは思っていません。

ただ、お湯はあまり嘘をつきません。(なんだろう、嘘つくのやめてもらって良いですか。)
一定数の人からは疑いの眼差しを向けられている気がします。
そりゃ常日頃からド直球に糞真面目に生きているつもりはないです。
裏の顔がないんか?と言われれば、もちろんNo!!と答えます。

えぇ、本当にあまり嘘をつかないんですよ。
えぇ、本当に。
基本的には素直に生きています。

理由は簡単です。
嘘をついた時の辻褄合わせが出来ないから。

お湯は如何せん。
頭の出来がよろしくないです。
どちらかというと鳥頭寄りです。
なので、ぼろがぼっろぼろ出てくるわけです。
それが嫌だったので、基本的には嘘をつかないようにしています。

嘘をバレないようにするために、さらに嘘を塗りたくる。
これが出来るのはめっちゃ頭が良い人だと思っています。
それかめっちゃメモを取るのがうまい人ですかね?
少なくともポンコツなお湯には出来ない事です。
多分これが出来る人は詐欺で食っていけるんじゃないですか?知らんけど。
後、役者とかにもなれそう。知らんけど。

 

なので、脳が足りないお湯は基本的には嘘をつかないです。

 

ただ、それでも嘘をつかないといけない場面はどうしてもあります。
なので、そういった時。
頭よわよわのお湯でも出来る。
簡単な嘘のつき方があります。
めっちゃ単純ですが。

 

嘘をつくのに一定のルールを設ける です。

 

     制約と誓約

ハンター×ハンター好き故……(アニメは旧派)(クルタ脱ぎ)

 

 

このルールに従って嘘をつけば、ある程度はボロが出ません。
逆にこのルールがあやふやだと、すぐにバレる嘘になります。
頭が良くない限りね。

 

なので。

辻褄が合わない嘘なんてやめてしまいましょう。

一度や二度くらいならまだしも、多発すると信用というか人間としてどうなの?ってとこまで落ちちゃいますしね。
狼少年ですね。

 

 

 

そのうち。

 

 

 

 

「嘘だッ!!!」

 

 

 

 

って言われて大変なことになるかもしれませんよ。
(お湯ももしかしたらすでに……。)

 

 

 

それではーーーーーー!