システム開発業界で営業を開始した時に思っていたこと

皆さんこんにちは、トラスト営業兼採用担当のnabeです。

今年でこの業界にきて10年が経ったnabeですが、

業界初めてや営業初めてなんですの若い営業さんを見ていて思うことがあります。

 

それは・・・

 

『もっと自分で考えてもがき苦しめ』

 

です。

 

 

 

この業界の良いところでもあり悪いところでもあるのですが、

分からない事や困ったことが発生した時に、

すぐに考えるのを諦めて人に聞くことを選択する方が多いのです。

そして聞かれた方はすぐに教えてくれます。

 

これはすごくありがたいし、私も聞かれたら教えてあげたくなる年齢になってきたこともあり、

簡単に教えちゃいます(ダメジャン)

 

こんなこと言うと昭和世代のおっさんがーとか言われるんでしょうけど、

若い時の苦労は金を払ってでもやれって思ってます。

 

これ実際私の若いころは、

「おっさん何血迷ってるねん、金払って苦労するって意味不明」

くらいに思っていました。

 

でも、私もそのおっさん世代になってくると、

過去に経験してきた苦しかったことや、

苦労したこと死に物狂いでクレーム対応したことなどの記憶が蘇ってきまして、

あの時必死になってたから今の自分があるんだって思えてきました。

(年をとったってことですね・・・)

 

なので、あえて言う、

 

「若い時の苦労は金を払ってでもやれ!!」

 

「結果をすぐに求めずにまず自分で考えろ!!」

 

 

 

これな。。。

 

重要ですよ~

 

ほんと歳重ねると昔から言われていることにはそこに真理があるってわかりますね。

 

 

私がこの業界に来た40歳の春、

右も左もわからず教えてももらえずで日々考えては行動、

行動しては考えるを繰り返していました。

 

あの頃は、

この業界の同業他社の営業さんを見てヌルイな~って思っていました。

他業界にはない緩さがあり寛容な世界だったので、

多少うまく立ち回れたら数字が残せたんですよね。

 

ほんと今でもヌルイって思いますよ。

 

なので、他業界で死ぬ思いで営業をやってきた方がいたら、

その感覚を忘れないでこの業界に持ち込んでもらったらいいと思いますよ。

 

 

そして個人事業主を含むエンジニアの皆さん、

営業さんをよーく観察してよい営業さんをつかんでくださいね。

 

営業さんの動き一つでご自身の人生を左右するような事になっちゃいますので、

気をつけましょう!

 

さて、かくいうトラストも営業は3名+営業顧問の構成でやっておりますが、

エンジニアの思いをくみ取りながら(くみ取れてるはず。。。)

ベストをつくして動いていきますので、

よーく観察してつかみに来てください笑