頑張ることを辞めた

こんにちは!

 

はなちゃんです。

 

 

 

 

少し前までは、

しんどい時こそ根性論だったり

 

負けないでもう少し~♪と

 

言われてきた事であると思うんですが

 

果たして頑張っている人に

 

「ガンバレ」と言っていいのでしょうか。

 

という問題。

 

 

 

個人的にはそういった考えはNGだと思ってます。

 

なぜなら、そういった

 

発言で私の周りの人では亡くなる事が多いと思ったから。

 

私の小・中・高の学校の数名の担任や

この人なんだか嫌な予感するな…という感覚があった人は

実際に行方不明(ある日、姿を消す等)といったこともありました。

上司や周りが悪いなと学生時代は気づいていました。

 

 

 

「しんどいのはみんな一緒」

「ちょっと考え方を変えてみようか!」

 

いう人も中にはいるが

 

だいたいそこまで悩んでいる人は

 

立派な方が多く、良く考えてこられた方だと思ってます。

 

そんな方がどん底にいるようなツライ局面に直面し、

 

思い悩んでいる中、

 

くだらないアドバイスやダメ出しをする方については

 

もう少し良く考えてみても

良いのではないのではないかと子供ながらに

 

考えさせられた経験があったからです。

 

 

困った人がいたら

 

そっと隣にいて話を聞くことでも十分だと思うんです。

※困った人の弱みを握ろうとしている方は真っ先に飛んでくる人なので
そういった方は要注意と個人的には思ってます!

 

(私は、「ガンバレ」は言いたくないし

 

「頑張ります」もしんどいので言いたくありません。(笑) )

 

 

十分やれるだけのことはつくしてきたのであれば

 

もう充分だと思ってます。

 

限界をこえろ!なんて

 

ハッキリいってしんどいです。

 

これだから、ゆとり世代なんだと思われるかもしれませんが

 

燃え尽き症候群になるまで

 

廃人になるまでしてがんばりたくないです。

 

このコロナ渦の中、

 

色々制限されることも多々ある中で

 

よくベストを尽くして生きてるなと

 

褒めちぎっていいぐらいです。

 

何かと不安要素が増え

 

ゴールの見えない世の中だからこそ

 

心はゆとりでいられるよう

 

のんびり生きていきたいです。

 

という

はなちゃんの持論。(笑)

Pocket