防犯ライトを作ってみる(100円ショップ工作電子編)

毎度還暦迫るプログラマKASAです。

防犯ライトと言えば夜に家の前を通ったらピカッとライトに照らされた経験は誰でもお持ちでしょう。

それを100円ショップの商品で作ってみようというものです。

 

 

用意するのはこちら

たったこれだけ、お値段500円、100円ショップでは高めの商品です。

これを玄関の電球と替えるだけ。

似たようなものはDIYの店などでも8001500円程度で売っています。

電球には明るさセンサーと人感(赤外線)センサーが組み込まれていて

明るい時は作動せず、暗くなると人感センサーが作動して人(赤外≒温度)を検知したら光るようになっています。

電球にオールインなので普通の電球と付け替えるだけなんです。

自分で作ると500円ではちょっと無理なのでお買い得感はあります。

性能を調べるためにとりあえずトイレの電球と交換してみました。(トイレ内はいつでも暗くできるので)

付け替えてスイッチONでとりあえず電球は点きますが、その後消灯します。

真っ暗なトイレで動くと おぉ電球が付きました。

しばらくじっとしていると電球は消えました。まさに自動で点灯/消灯するトイレの照明そのものですね

本来そこに人がいるならずっと点いていてほしいところですが、誤動作との兼ね合いで難しいのだと思います。

(緩やかに変化すると見落とす可能性がある(OFFのタイミングを逃す))

それなりの施設のトイレの照明でもそんな感じですからw

出入りしてみましたが正しくON/OFFしています、まあ性能的にも使えそうです。

では実践といきたいところですが、実をいうと我が家は集合住宅で、そういったものが玄関付近にはありませんし

付けたら近所迷惑ですw

色々使い道を考えましたがこれといった使い道が思いつきませんorz

(じっとしていると消灯してしまう、人がいなくなってもそれなりの時間点いているという点がネック)

ということで衝動買いした人感センサー付き電球どうしましょうw

またガラクタを増やしてしまったようです。

Help Me

既存の製品を発想の転換で別の利用法を考える、柔軟な思想をお持ちのあなた! お待ちしております。

 

次回は「センサーライトリベンジ編」の予定です。

Pocket