〇〇したときの「6秒ルール」とは!?

こんにちは!総務担当のノムです。

唐突ですが、皆さんは「6秒ルール」と聞いて、何のことだと思いますか?

 

 

食べ物を床や地面に落としたときに

 

 

3秒以内に拾えばセーフ!という「3秒ルール」とは違いますよー!!笑

 

 

 

これは「アンガーマネジメント」で言われている怒りのピークをやり過ごすための

「6秒ルール」のことです。

 

 

『6秒ルール』

怒りの気持ちが強くなったとき「6秒間」

その怒りに反射してしまわないように我慢しやり過ごすことで、

冷静な状態の自分に戻り、感情的な反応を制御する方法です。

 

 

人間の脳は強い怒りや感情を感じるとアドレナリンを大量に分泌して興奮状態になり

冷静な判断ができなくなってしまうのですが、

その怒りのピークも「6秒まで」と言われています。

なので、「6秒間」を待つことで冷静な状態になり、理性的な行動ができるようになる!

ということだそうです。

 

 

しかーし!!

 

あくまで個人的な意見ですが、私の場合は「6秒間」我慢しても

なかなか冷静な状態にはなりません!!笑

 

 

「6秒間」で怒りを落ち着かせるのは難しいですよね、実際。

少なくとも私の場合は・・・ですよ! ^^;

 

 

なので、私の場合は可能な状況であれば、

すぐに「その場を離れる」の方が一番効果があります。

 

例えば、化粧室に行く、コンビニに行く、別の部屋に行く・・・など。

 

そこでさらに・・・

深呼吸する

 

コーヒーやお茶を飲む

 

アロマなどリラックス効果のある香りを嗅ぐ

 

 

より気持ちも落ち着いてきます♪

 

 

他にも

★好きな音楽を聴く

★癒しの動画や写真を見る

★アメやチョコなど甘いモノをひと口食べる

★自分を落ち着かせる言葉を唱える

★緑色や青色のモノを見る

 

・・・なども、気持ちを落ち着かせるのには効果があるようです。

 

 

仕事でもプライベートでも、人と関わりながら過ごしていると「カチン!」ときたり

「イライラ!」ってすることはよくあることですよね。

 

 

でもその度に、その場の感情に任せて相手に怒りをぶつけてしまうと

相手を傷つけてしまったり、反感を持たれたり、関係性が破綻してしまうなんてことも・・・

     

 

 

「あんなに怒らなければよかった」

「やっぱり言わなければよかった」など

 

後から後悔したことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

また、怒りで失うのは「人間関係」だけではありません。

 

「お金」「仕事」「健康(精神・肉体)」にも悪影響を及ぼし

失うリスクがあります

 

怒りっぽい人は貯蓄率が低いそうです。

怒ると血圧が上がったり、イライラのストレスは健康に様々な影響を及ぼしますよね。

 

 

なので!

怒りの感情を自分で上手に切替え対処していくことが大切です。

 

 

 

いざというときのために、この「6秒ルール」のほかにも

自分なりの『冷静さを取り戻す』気分切替法見つけておくとよいですね!

 

 

皆さんのおススメの「気分切替法」は何ですかー??